一般病院での急変と老健での急変の違いについて教えて!一般病院だと、フルコースで蘇生するケースが多いから精神的にも負担になりますよね・・・。

看護師の仕事に急変時の対応は付き物ですね。

 

どんな職場であっても、看護師を必要とする以上、急変が起こった場合は、看護師が対応するのが当然になります。

 

とくに、病院や施設ではそういったことが起こりやすいですよね(;´Д`A

 

病院は急性期の患者さんも多いですし、急変はしょっちゅうです。
また、施設においても、基礎疾患のある利用者さんがいますし、高齢者の急変は予測不能です(;´Д`A

 

しかし、病院と施設では対応の仕方に大きな違いがあるんです(´・Д・)」

 

病院は、基本的に治療を目的としていますから、急変があった時は、心肺蘇生法を行い、必要に応じて気管挿管を行い、延命措置などが取られます。

 

病院では、急変が起きたら直ちに救命、原因に対する治療といった流れがフルコースで行われますよね。

 

しかし、老健は急変時に対応出来る医療設備が整っていません(´・Д・)」

 

ドクターが施設内にいる時は、挿管することもありますが、最近は挿管するより前に、救急搬送しています。

 

夜間などドクターの駆けつけが不可能な場合も多くあるんです(´・Д・)」

 

ですから、老健で急変時行う対応は、酸素吸入、心臓マッサージ、AEDの使用程度です。

 

老健では、急変時行えることは、暫時の救命処置程度なのです(;´Д`A

 

その分、ナースの負担は病院に比べると軽くなりますね(-_^)

 

病院での急変対応には、ドクター、ナース数名は対応に必要になります。

 

しかし、老健では夜間などナースが一人で対応していますし、病院ほどの対応は行えないことから、スタッフ人数も病院ほど要しません。

 

老健でのナースの負担も、もちろん大きいことはたしかですが、病院に比べると精神的な負担もだいぶ軽いものになりますね(^ー^)ノ

担当患者さんが夜間亡くなった事を伝えると「ふ〜ん」の一言で済ませる冷たいドクター!

患者さんの死って、やはりいくら経験を重ねても慣れないものですね(T ^ T)

 

入院中ずっと顔を合わせていた患者さんが亡くなるというのは、他人事のようには思えず悲しみがあります。

 

長年入院していた患者さんや、同世代の患者さんなど、思い入れが強くなってしまう患者さんもいます。

 

そういった患者さんの死に直面すると、気持ちを割り切ることができません(。-_-。)

 

しかし、ドクターって心が無いのか?って思うような冷たいドクターがいて、本当にがっかりすることがあります。

 

先日も、夜間に急変して亡くなった患者さんがいました。

 

同世代の女性患者さんで、まだお子さんも小さく、早すぎる死に大きな悲しみがありました。

 

受け持ちドクターに報告したところ…
「ふーん。」
の一言で終わったんです。
しかも冷たい表情で…(・_・;

 

は?それだけ?

 

思わず口に出そうになった言葉を飲み込みましたが、なんだか腹が立ってきましたね。

 

この人に心はないのか…(;゚Д゚艸)

 

ドクターがみんなそういった冷たい人なわけではありません。

 

しかし、中には露骨に冷たいドクターっていますね。

 

患者さんの訴えにも耳をかさず、面倒臭くなってくると舌打ちをする始末。

 

あなたにとっては、大勢の患者さんの中の一人かもしれないけど、この患者さんにとって今治療をしてくれるドクターはあなた一人なんですよ!(−_−#)

 

患者さんの不安な気持ちとか、病気に対する恐怖心、そういったことを少しは汲んであげようという心はないんですか?

 

私が患者ならこんなドクター絶対に嫌??ってドクター、結構いるんですよね(;´Д`A

 

頭がいいのはわかるけど、人としてどうかね?
って思ってしまいます。

 

ドクターも忙しいし、大変なのもわかります。

 

しかし、ドクターはそれなりの報酬ももらっているわけだから、それは当然のことでしょ?って思ってしまうんですよね(~_~;

 

看護師は、すぐに質を問われるけど、ドクターってあまりそこを問われない。

 

納得いかないなぁ…(−_−;)

中堅ナースは結婚適齢期

看護師って、資格を取ればすぐにバリバリ働けるってものではありませんよね。

 

新人の時は、いくら学校で勉強し、実習で経験を積んだといえどもとても即戦力として働くことはできません(;´Д`A

 

職場によって、1日の流れも違えば、やり方も違います。

 

配属になる科によって、全く無知な知識や技術なども沢山出てきます。

 

やはり実際に現場で働いてこそ得られる知識や技術は沢山ありますよね。

 

そんな新人時代を経て、3年、4年と経験を積んだナースは、知識や技術もしっかりしていて、若さもありますから、非常にバリバリ働ける年代ですよねよね(^_^)

 

しかし、女性の多い看護師はちょうどその頃になると結婚適齢期になってきます。

 

結婚や出産となった時、今までのようにバリバリ働ける環境にあればいいのですが、なかなかそういった環境もなく、退職を余儀なくされるナースが多いんですよね。

 

結婚して出産をすると、多くのナースはやはり家庭を中心に仕事をしなくてはなりません。

 

しかし、夜勤があったり、残業が多かったり、休日も勉強会や委員会で出勤しなくてはならないような状況の病棟勤務は両立が難しいのですよね(;´Д`A

 

たとえ頑張って続けようと思っても、ママさんナースは少ないし、周りの理解がない…だからなかなかママさんナースも続けるのが難しい現状があるんです。

 

だから、病棟は年配ナースや新人ナースばかり…。

 

年配になると肉体的な仕事はキツイ、夜勤も体がついていかない。

 

新人ナースは、知識も技術も未熟で不安ばかり。

 

そんな状況では、患者さんに良い看護を提供するのも難しくなってしまいますよね。

 

やはり中堅層にあるママさんナース年代は病棟にとっても必要不可欠な存在ですね(u_u)